2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.19 (Tue)

レフト4デッド

ネット上で見かけるオンラインゲームの広告。

ひどいのが多くないですか?
arado41
(。-ω-)……。

もうちょっとどーにかならんのですかね。

arado42
イミフ。

現行のプレイヤーに馬鹿にしていると捉えられても可笑しくないこのプロモーション。

オンゲーではどこもやってる常套手段のようですね。

見るたびに呆れるのは僕だけではないハズ。


以下18禁。

【More・・・】

レフト4デッド。
left
パケから。

4人で協力して戦うことを前提に作られているFPSゲームです。
left2
この「協力して戦う」というのが半端なく追求されていて、

他のルールはいたってシンプルです。

持てる武器は1つまで。弾が切れたら無制限のハンドガンに持ち代え。

格闘攻撃に手榴弾系の投げ物。体力減ったら回復アイテム。な感じです。

しかしそれだけではクリアできないのがレフト4デッド!
left3
それを最も成しているのが敵の拘束系の攻撃。

いったん捕まえられると自力での脱出は不可能になります。

仲間に助けてもらわなければ待つのは「死」なのDEATH!!!


そして協力を活かすためによくできているのが、壁越しでも仲間の位置が確認できる事。

画面内に捉えさえすれば、仲間の名前と輪郭をいつでも確認できます。

それにより複雑な地形であっても高低差があっても、常に位置関係を確認できます。

遊ぶ側はさも当然のように活用するこの要素。

作る側の気の利いた工夫が、地味にコンセプトを担いでいます。


さてー。

仲間がピンチ!助けに行くのは怖い?自分さえ助かりゃいいやヒャッホー!
left4
しかし助けないワケには行きません。

なにせ敵の数が半端じゃない。まさに数の暴力です。

撃っても撃っても間に合わない!

四方八方から押し寄せるゾンビの群れを凌ぐには4人の協力が不可欠なのです。

1人の危機がチームの窮地を招く。まさに運命共同体(´゚ω゚)
left5
その他にも、胆汁を吐きかけて視界をつぶす敵や、

近づいたり射撃したりすると動き出す設置系の敵など、色々と楽しませてくれます。
left6
さらに凄いのがDirector AI(ディレクターエーアイ)。

プレイヤーの進行状況や腕前を常に監視し、敵やアイテムの配置をプレイ毎に調整するという、

まさにディスク内に住んでるゲームディレクター。


何が凄いって……

レベルデザインまでオートマティックにやってしまおうというアメリカ人の発想w

マップや武器の自動生成なんかはもはや古い!

直接的な遊び方までAIに一任しよう!

という狙いのスケールが凄すぎます。
(実際にどれほどの効果があるかではなく、その魂胆にビックリ)

これぞユーザビリティの究極なのでしょうか。
left7
ソロプレイよりも協力プレイで真価を発揮するレフト4デッド。おすすめですb


【Left 4 Dead】
プラットフォーム:Xbox 360
ジャンル:ホラーアクションシューティング
発売日:発売中(プラチナコレクション 2009年9月17日発売)
価格:7,665円(プラチナコレクション 2,940円)
CERO:Z
公式サイト
スポンサーサイト
23:01  |  ゲーム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://niari.blog61.fc2.com/tb.php/61-1faca86c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。